AGA治療の最終手段

プロペシア飲んだけどイマイチ回復しなかった・・・・

気持ち程度は回復したかな???

 

と言う人は少なからずいるのではないでしょうか??

 

 

いやいや、俺なんてミノキシジルも塗ってたけど

全然だったよ・・・・

 

 

こんな方のために、AGA治療の最終兵器が有ります。

そうです、ザガーロです。

AGA治療における最新の薬です。

 

最後の手段としてザガーロを試すのは有りでしょう。

 

新薬の種類

AGA治療薬としても有名なザガーロですが。

実は二種類あります。

 

 

ザガーロ

これはAGA治療薬として認可された薬で、多くの皮膚科やAGA専門病院んで処方されています。価格は、10,000円前後が一つの相場といっていいでしょう。

 

安いクリニックでは、9,000円で処方しているところもあります。現在最も安いと思われるザガーロは、湘南美容クリニックの8,500円と思われます。

 

いわゆる激安クリニックでも9,500円で処方していることと比較すると頭一つ抜けているといっていいでしょう。AGAスキンクリニックも同じ価格で安いかなと思いがちですが、8%の消費税を忘れてはいけません。

地味にかかる消費税を加えると8856円になります。

 

No1は今のところ湘南美容クリニックです。

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

さて、実はこのザガーロですがもっと安く処方を受ける方法があります。

 

実は、以下で紹介する阿保る部ですが薬の成分は同じです。一部クリニックでは阿保る分も取り扱っていますので各クリニックに問い合わせしてみるといいでしょう!

アボルブ

アボルブは、前立腺肥大症の治療に用いられる薬です。

 

しかし、副作用で自発毛することが分かりAGA治療薬としても使われているようです。ザガーロの前身の薬がアボルブであり、ザガーロ認可前は各クリニックでアボルブがAGA治療薬として処方されていました。

しかしこれは、適用が違うので自己責任ということになります。

 

ザガーロとアボルブの違いは、単純に適用の違いといえます。

中身の成分は一緒で製造販売している会社もGSK(グラクソスミスクライン社)です。価格面を考えるとアボルブの方が安く良いと言えます。

 

認可薬というこだわりのある方は、ザガーロの処方を受けるといいでしょう。

 

参考までに価格を掲載しておきます。

 

 

まとめ

最近では、フィナステリドよりもデュタステリドをメインに処方する医療機関もあるようです。価格がまだ高い分、浸透していない薬ですがプロペシアをはじめとするフィナステリドで限界を感じたら試す価値は十分にある薬といえそうです。

処方の判断タイミングは、医師に相談のうえ決めるとよいでしょう。

 

 

フィナステリドがダメだった・・・・

よし!自毛植毛!ってよりもまずはザガーロを検討するとよいでしょう!

 

おすすめは、AGA専門の湘南美容クリニックAGAスキンクリニックがよいでしょう!慣れてきたら、最も安い新宿ウエストクリニックや川崎中央クリニックあたりも検討するとよいでしょう!

 

川崎中央美容外科形成外科クリニック